ワンカラー、ダブルカラーについてメリット・デメリットを解説!

  1. ヘアカラー
  2. 34 view

ワンカラーやダブルカラーという言葉、
ご存知の方も多いと思いますが、予約の際にどのメニューを選べばいいか、悩んだ方もいるのではないでしょうか?

今回はそれぞれのメリット・デメリット含めてお話していきたいと思います〇

ワンカラー(シングルカラー)とは?

根元から毛先まで1度で塗るカラーのことです。

ダブルカラーとは?

ブリーチしてベースを明るくして、もう一度カラーをしていくことです。

ブリーチする工程があるため、ワンカラーよりダメージが大きいですが透明感が表現できるのが特徴です〇

♦ワンカラーのメリット

・髪、頭皮へのダメージが少ない

・色持ちがいい

・根元が生えてきた時、ダブルカラーより気になりにくい

・施術時間が短い

♦ワンカラーのデメリット

・表現できる色味に限界がある

ワンカラーだと1度で染める分、髪の元々の色素によって色味が左右されます。
そのため、理想のカラーによってはブリーチが必要な場合もあるのです〇

表現出来るカラーに限界がありますが、
同じカラーを繰り返すことで
色素が少しづつ重なって定着して、
寒色系だと透明感が増してくれたり
暖色系だと色味がしっかり入ってくれたり
するので繰り返しカラーすることもおすすめです!

♦ダブルカラーのメリット

・表現出来るカラーの幅を広げることができる

・ビビットカラーや透明感のあるカラーも表現出来る

・色落ちも楽しめる
退色の過程でどんどん色が変化していくので1度のカラーで退色の過程を楽しむことができます〇

♦ダブルカラーのデメリット

・頭皮や髪へのダメージが大きい

・色落ちが早い

ダメージが大きいことが1番のデメリットではないでしょうか?
ダブルカラーする際、美容室でダメージをできるだけ少なく施術していきますがダブルカラーされる方においていちばん大切なのは、

ヘアケア、ホームケア になります。

カラーをお客様に楽しんで頂くためにも
またホームケアについて、blog書きたいと思いますのでそちらをご覧下さい!!

最後に..

一人一人のお客様の髪の状態、髪質によって
ブリーチが必要か必要でないかなど、
できるカラーが変わってきます〇
担当とよく相談してカラーを楽しんでいきましょう♪

Instagram も見てくださると嬉しいです^^

お客様のご来店をお待ちしています

ハロウの予約・空席情報
momona

ハロウのアシスタント

記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事